ちょっと不思議な毎日と、手仕事のことなどを、のんびりメモしていこうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにみえブログさんでアゼツのことが出ていて
急に思い出したのでメモ。

昨年、チベット祭りの前あたりに見た夢です。


どこか教室のようなところで

「アゼツライト」の使用資格者試験というのが行なわれるのです。

これに受かると、裏山の森にふよふよたくさんいる光の球となかよくなれるのです。

私はその教室で、試験の始まる前に、誰かに問われて

何か、金属板(銅っぽい)に彫られたような木(世界樹?)の説明をしていました。


当時、「アゼツライト」の名前は知っていましたが
それがどういった石なのかはよく知りませんでした。
その後、教えていただいたり説明書を読んだりしてやっと理解。
あの光がアゼズさんたちで、あれが石になったのがアゼツライトなのですね…。
確かに、そんな感じの光の球でした。雰囲気というか気配というか。
ああ、この石になったのかー、という。

裏山として夢に見た場所はとてもキレイな光景でした。
森の中の少し薄暗いところを、いくつもの光の球がふわふわ飛んでいて
すごく神性を持った印象でした。


アゼズさんたちと仲良しだと嬉しいなあ。

スポンサーサイト

【2010/03/18 20:36】 | きっといるだれかのこと(すぴ)
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。