ちょっと不思議な毎日と、手仕事のことなどを、のんびりメモしていこうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年に九頭龍神社参拝のことを書きましたが
実はその後、ベトナムに行く機会がぽーんと巡って来てくれました。
行き先はハノイに滞在しての、ハロン湾などなど。

出発の直前に知ったのですが、ハロン湾は龍の降りた場所という伝説と
その地名の意味を持つところだそうで。

おおお!やっぱり龍続き!

と、思っていたところ、現地にて知ったのですが

ハノイは龍が昇った町という伝説とその地名の意味を持つところだそうで。

他にも龍つながりな出来事がちょこちょこ起こり
極めつけは、ベトナムで観られるBSのNHKで朝のニュースをみていたら
お天気コーナーの背景に九頭龍神社が映ってる!!

最近、こうしたちょこちょこシンクロにはもうあまり驚かないのですが
ベトナムで観た九頭龍神社の映像にはちょっとびっくりしました。

行くべき場所への参拝を終えてからも、何かがずっと続いているような気がします。
いや、ずっと続いていくのでしょうけれど、何かもっと強い感覚で、続いている感じです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

さてこのベトナムから戻って、次に京都へ行く機会がぽーんと巡って来てくれました。
九頭龍神社までが1セット、順序が大事という参拝の旅だったのですが
それが終わってから伏見稲荷も行っておくと良いところに挙げていただいていました。
この九頭龍への参拝をする前に一度、伏見稲荷は行ったことがあるのですが
ものすごく消化不良な感じだったので、順序通り行ってのこの自然な機会は
なるほど納得のタイミングでした。
偶然にも皆既月食の前日、当日の日程です。

京都に入ってすぐにぱらぱらとお天気雨。
狐の嫁入りという奴でしょうか。
おー、お稲荷さんっぽい!と謎の感動をしつつ伏見稲荷へ。

web_038.jpg

順番通りてくてく

web_039.jpg

途中のお社に頭を下げたり手をあわせたりしつつてくてく

web_040.jpg

ご縁を結ばせていただきたい方はしっか御参りしつつてくてく

web_041.jpg

秋の終わりの山の色彩、このバトンタッチの感じがお稲荷さんを思わせるなあと
そんなことを考えながらてくてく

web_042.jpg

やっと着きました、山頂です。
ここでいきなり、ばらばらばらという音と共にあられが降ってきました。
あられ!?
たとえば蝕が新月満月のMAX版だとすると、あられは狐の嫁入りのMAX版!??
私はお天気にサインをいただくことが結構あるので、
(3月中旬に鹿児島や宮崎で雪にあったり(積もりました))
このときも、ありがとうございます、無事にご挨拶できました!感でいっぱいでした。
あられはしばらく降って、もうすごくやり切った気持ちになってしまい
弾む心でいざ下山、と十数歩下ったところでハンカチの不在に気付きました。
お気に入りだったのであわてて引き返すと、山頂で発見。
これは意味のあること。
ん?
あ、山頂の神様にご挨拶してない!!
御参りしてない!!!
やり切った感で忘れてた!!!!
それは引き止められるというものです。
しっかりご挨拶させていただいて、今度こそ下山。

web_043.jpg


駅までの道でお土産を買ったり、そちらでもご親切をいただいたり。
お稲荷さんと仲良くなれたかな?



【2】に続く!
スポンサーサイト

【2012/01/20 00:00】 | きっといるだれかのこと(すぴ)
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。