ちょっと不思議な毎日と、手仕事のことなどを、のんびりメモしていこうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美し世界


b_055.jpg

滝からまた川沿いまで戻ります。
重なる岩の層に苔に木の根に生えてきたまだ小さな木に沢に石に
そういうものの織り成す緑のグラデーション。


b_057.jpg

そしてこの色!
奇跡の蒼です。仁淀ブルー。
もちろん、写真に色の加工はしていません。


b_058.jpg

息を詰めて見る美しさでした。
この色が視界を横たわって流れています。
晴れて、光って、楽園の色。

この辺りには、羽の黒っぽい珍しいトンボも居ました。

b_064.jpg

水の蒼を映したようなチョウチョもひらひら飛んでいて
トンボも水を渡っていて、幻想的でした。

これを奇跡の蒼、と呼ぶし、そうした光景を幻想的と表現するするぐらい
損なってきたんだなあ。
かつてそうだった場所もきっと本当はたくさんあって
自然とあらためて呼ぶほどの意識もなく
ごく自然に自然(神様含む)は傍にあったんだろうなあ。



ちょこっとお報せ

新聞やTVで取り上げられたそうなのでご存知の方も多いと思うのですが
この仁淀川水系の源流域である久万高原町東明神というところに
廃棄物処分場の設置計画があるそうです。
この計画に対する不同意書への署名を知人が集めておりまして
それを偶然、てくてくの後に知りました。
微力ながら協力させていただこうと、用紙を預かっております。
カフェの開店日にはお店に置いておきますので
ご賛同ご協力いただける方がいらっしゃいましたら
お力をお貸しいただけませんでしょうか?
気になった方、どうかよろしくお願い致します。




奇跡の蒼☆6に続く!
スポンサーサイト

【2012/06/25 20:45】 | きっといるだれかのこと(すぴ)
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。