ちょっと不思議な毎日と、手仕事のことなどを、のんびりメモしていこうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

b_03.jpg





以前に見た、夢というかヴィジョンというかそういう感じのものです。

最近これを頻繁に思い出すので、
絵にしてみました。

宇宙船かステーションかわからないのですが
通路で、必要最低限のエネルギーしか使ってなくて薄暗いです。
外にはもっと暗い宇宙。

で、ひとりなんです。
どこかわからないのですが、ひとりなのはわかる。

でも、気持ちは冷静なんです。

今、この光景を思い返して「ひとり…!」と悲しくなるのですが
ここに居るわたしは落ち着いていて、不思議なかんじです。

忘れないように、憶えているものは描いておこうと思います。
最近はヴィジョン自体をほとんど見なくなりました。
天岩戸からこちら、そういう夢とかが減ってる気がします。

どういう状態なんだろう、今…。
寂しさ半分…。



その、天岩戸から続く御参り旅行記は、何故かまだ
書くタイミングではないようです。
写真も用意してあるのですが、何故か書こうとしても
いまひとつ書けないのです…。
色々、アドバイスをいただいたりすると
「まだ」とか「順序」とかの御言葉をよくいただくので
タイミングがあるのかなと思います。
一昨日、前世の記憶の光景らしき景色を描いたのですが
それはエラーで保存できませんでした。
タイミング、タイミング…。

今回はどうでしょう。




これを書いていて、昔、宇宙の音のCDを
持っていたのを思い出しました。
今ちょっと探したのですが発掘できず…。
確か、サイトで、人工衛星からの宇宙の音が聴けるところも
あったと思います。

宇宙は音のない世界なのですが、色々なものが発する波を
引っ掛けて、雑音のようになっている音があって
地球はにぎやかな星でした。
愛しい。


スポンサーサイト

【2009/05/28 00:13】 | きっといるだれかのこと(すぴ)
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。